カウンター 忍者ブログ

しまもと町民の会

となりの産廃場(2017/6/23号)

町民のみなさん、カラ梅雨の中、いかがお過ごしですか?

さて、シリアスな話題をひとつ。
お隣、高槻市の上牧・梶原、五領地区に特別管理産業廃棄物の焼却場が建設予定だったのをご存じでしょうか。
(5/29に、業者が建設計画の断念を、高槻市に申し入れ)

特別管理産業廃棄物とは、環境省のホームページよると、「爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物」だそうです。
※詳しくは環境省のホームページをどうぞ

それだけ聞くと、あまり気持ちの良いものではありません。
しかし、町民のみなさん、ゴミの日にはゴミを出しますよね?ゴミの出ないご家庭はないはずです。
では、それらのゴミはどうなっているのでしょうか?

そうです、業者が集めて処理し、処分しているんですね。
ゴミ、すなわち、廃棄物は我々とは切っても切れない関係です。

だからこそ、この事例を考えてほしいのです。

今回は建設の断念ということでしたが、近い将来、また同じような事例があるかもしれません。
もしくは、それが島本町内でのことかもしれません。
(高槻市は、「高槻市廃棄物処理施設の設置に係る手続きの特例に関する条例」を制定し、6/22より施行しています)

なお、当会のメンバーが、島本町にも建設予定の申請が出ていないかを、大阪府に公開請求して、聞いてくれました。
それによると、島本町には、今のところ何も打診はないようです。

そういえば、町の掲示板に下記のようなお知らせが掲載されているのをご存じですか?
ちょうどよい機会ですよ!

「みんなで知ろう!考えよう!産廃焼却炉って??」勉強会のお知らせ
■主催:しまもと生活環境を考える会
■日時:2017年7月2日 14:30~16:30
■場所:ふれあいセンター 第4学習室

ついでに、行政の機関に、「しまもと環境住民会議」なるものがあることを知りました。
こちらについては、おいおいリサーチしていきます。

2017年6月23日 しまもと町民の会 執行部
PR

コメント

プロフィール

HN:
しまもと町民の会
性別:
非公開

P R

ご意見ご感想をお聞かせください。