カウンター 忍者ブログ

しまもと町民の会

「農地を活かした町づくり」へのお誘い(2018年8月2日号)

島本町民のみなさん、こんにちは!

本日より、「JR島本駅西地区の都市計画に関するタウンミーティング」の受付が開始されました。

日時と場所は以下の通りです。
各会場定員30名となっておりますので、お早めにお申し込みください。

■A地域

大沢、尺代、山崎、東大寺、広瀬、若山台
にお住まいのかた

1. 広瀬公民館
8月9日(木曜日)午後2時から

2. 島本町営緑地公園住宅集会所
8月9日(木曜日)午後7時から

3.島本町営緑地公園住宅集会所
8月11日(土曜日)午後2時から

■B地域
青葉、桜井、桜井台、百山、水無瀬、江川、高浜
にお住まいのかた

1. 桜井公会堂
8月10日(金曜日)午後2時から

2. メゾン水無瀬集会所
8月10日(金曜日)午後7時から

3. 桜井公会堂
8月11日(土曜日)午前10時から

さて、このJR島本駅西地区の都市計画は、島本町民の関心の高いところですが、様々な見解が飛び交う中で、ひときわ存在感を放っているのが、しまもと・フォーラムでしょう。
しまもと・フォーラムのホームページはこちら

その理由は、町内全戸配布などの情報発信力もさることながら、今回は下記のような講演会を企画されているところです。

「農地を活かした町づくり」
講師:西辻一真氏(株式会社マイファーム代表取締役)
日時:2018年8月3日 18:00~20:00
場所:ふれあいセンター年長者座敷(無料)
マイファームのホームページはこちら

これまで、JR島本駅西土地の都市計画については、
・開発に対するメリット・デメリット
全町民に対する公共性
財政問題
など、準備組合や行政の打ち出す計画に対して、「賛成か?反対か?」の極端な議論が展開されてきました。ところが、しまもと・フォーラムは今回、「農地を活用した町づくり」という、都市計画に対する第3の方向性を示そうとしています。

講師の西辻氏は、耕作放棄地の活用から始まり、様々な農ビジネスを手がけてこられた方です。
JR島本駅西地区のことも興味があるそうなので、どんな話が出てくるのか楽しみですね。

さあ、島本町民のみなさん、都市計画も徐々に具体化し、新たな局面を迎えようとしています。このような状況はそうそう体験できるものではありません。
その中で、一際存在感を示す、しまもと・フォーラムにも是非とも注目してみてください!

コメント

プロフィール

HN:
しまもと町民の会
性別:
非公開

ご意見ご感想をお聞かせください。