カウンター 忍者ブログ

しまもと町民の会

ボイコット騒動の顛末②~考察~(2018年4月26日号)

(ボイコット騒動の顛末①よりつづきです)

さてさて、私たちが問題視するのは二点です。
①なぜに予算討論の段になって、「町長の真意を確認」せねばならなかったのか
②村上議員の暴言について

②の村上議員の暴言の方は簡単です。簡単なのでこちらから。
対面で言われた住民の方は複数名いましたし、その場に居合わせた町民の方もたくさんいました。
どんな個人的な理由はあったとしても、「あほか」「うるさい」は、議員が有権者に発する言葉ではありません。
さっさと謝罪してしまえばいいのです。
議長も、議会議員の名前に傷がつく前に、言葉の暴力によって傷つけられた住民の心に寄り添い、村上議員に猛省を促し、謝罪するよう指導すれば済む話です。
それすらさせず、擁護するような向きの議員にも同様に指導する、それが議長のすべきことです。
悪いことをすれば謝る、そんな、誰でも分かることを認知できないような方は議員でいる資格ははありませんし、「議員が謝ってはいけない」なんてことは、議会規則にも議員必携にも書いてません。
謝罪文でもなんでも議会だよりに掲載させてもらえば良い話です。

さて、①なぜに予算討論の段になって、「町長の真意を確認」せねばならなかったのか
伊集院議員のブログを読んでみると、彼女にとっての疑義は、「『前日にあった都計審の影響』なのか、駅西地区の開発に関して、町長の『すすめる』という施政方針とは別の展開になっているのではないか」ということのようです。
雑情報になりますが、伊集院議員のブログ、時系列が無茶苦茶になっていることが気になります。
常日頃から、議場でもブログ上でも、言葉の誤用が多数見られる伊集院議員です。
言葉の一般的な意味を無視して、自己流の解釈をその言葉の意味とされるのは、百歩譲って、一種の詩的表現としても、尊敬語謙譲語、文脈の繋がりを自己流で書き散らされるので、読むほうはかなりの労力を使います。
ですが、今回の騒動の一連に関しては、添削者がいるのか、落ち着いて書けるようになったのか、幾分読みやすくはなっていて、熱心な読み手を自負する私としては幸いですが、この時系列に関しては、添削チェックが漏れているようです。
「前日」の都計審の影響から「日々、私どもに入る問い合わせが増える」とのこと。
退席する本会議の「前日」(都計審の日)とその時点からの「日々」という時空の展開は、全くもって謎です。
問い合わせが増えているということを強調したいあまりの誤字でしょうか。
ですが、時系列をひん曲げるのは論理展開としては強引です。
また、ネガキャンに負けないVol3においては、駅西地区について、「ひっくり返ることがあるならば、町は事業主等から訴えられたら負け損害賠償ものです」と記載されています。
都市計画課に確認しましたが、そちらでは「何のことを言ってるのか寝耳に水」とのことでした。
仮に伊集院議員の情報が正しいとして、町は既に事業者等と何らかの契約を交わしているということなのでしょうか?
そうであれば大問題ですし、或いは、伊集院議員が何の根拠もなく発言されていることなのであれば、これもみだりに住民の不安をあおる印象操作とも言える手法で、議員のする発言としては問題でしょう。

ともかく、「都計審の影響」というのは、ボイコット騒動に関するブログで、三回も繰り返されている文言なので、伊集院議員が余程重要視している、というのがわかります。
もちろん、駅西地区の開発というのは議員としてずっと関わってこられた内容です。
しかし、当の「前日の都計審」で伊集院議員は委員として出席し、そこで、町長に駅西開発への関わり方を直接質問しています。
退席する前日に、ご本人は直接町長の真意を質問されているのです。
そして、退席議員の中にはこの都市計画審議会委員で同席した議員もおり、その際には、同じような疑問を何も発言せず聞いていたのです。
それなのに、そこまでしておいて、まだ、本会議当日にそこを持ち出してごねるのか、と感じてしまいます。

また、他の議員も疑義を持った点として、「大沢キャンプ場廃止ついての町長の個人見解」を挙げています。
ですが、中田議員も指摘していることですが、個人見解を促したのは岡田議員で「良く決断された」と評価していますし、町長は答弁でも「もろもろ勘案して判断した」と自身の決断をはっきり述べています。
これの一体なにが、違和感を持ったり、退席までする理由になるのかと思います。

広域連携に関する疑義については、文章を理解できていないのかと心配になるような内容です。
大綱質疑で、広域連携に関する質問をご本人が行い、町長は「当初は別の勉強会に参加予定であったが、広域連携に関する研究会に参加した。今後も積極的に広域連携の推進に努める」と答弁しています(大久保議員の議会報告チラシにも記載あり)。
少しでも疑念が残るのであれば、自分の質問時間なのですから、もっと質疑を重ねて追及すればよいのです。
本会議最終日までに確認する時間はいくらでもあったはずです。
退席する理由とするには、議員の本分として余りにもお粗末です。

また、福嶋議員、岡田議員などが言われている、「選挙時の山田町長(当時候補)支援者が駅西開発に反対しており、これは現在の山田町長の施政方針と矛盾している」という理由ですが、これは見当違いも甚だしいと感じます。
支援者は信者ではありませんから、ある施策に賛成する部分もあれば、違う施策については反対であったり、別の議員を支持するということはおかしなことではありません。
支持者が議員の思想的コピーの持ち主である、のは理想かもしれませんが、世の中に、そこまで細部に渡り同じでなければ支持しない、という有権者は少ないでしょう。
それは、去年の町議会選挙の結果を見てもわかります。
今回退席した議員が支持した町長候補の得票数は4651票でした。各議員の得票数(=支持者数)が全てその候補に流れていれば7800票を超える得票数で当選していたはずです。ですが、実際は、票はバラけ、ある部分は支持できても、ある部分は支持できない、という有権者のごく普通の思いが表れた結果でした。
選挙はそういう水モノの支持者獲得の戦略合戦の面もあり、その一面をして、現在の山田町長の支持者とするのは、議員として現実を見れておらず、退席する理由としてあげるには議員としては未熟な内容です。

中田議員、戸田議員、河野議員の言い分を尊重するわけでもなんでもなく、以上のことから、あの段に及んで退席しなければならない、苦渋の決断をしなければならない理由は結局、分かりませんでした。
穿った見方をすれば、意図的に議会を混乱させたかっただけ、単なるパフォーマンスではないのか?というのが正直な感想です。

伊集院議員はブログにこう書かれています。
~~~
数が多いと言うことは 議会制民主主義において 問題が大きいということ。
 『疑問やおかしいと思えば態度表明も出来る 議会制民主主義ですょ。』
~~~
「私たちが多数派の間は、なにをやってもそれが民主主義ですょ」と聞こえてしまいます。
そうそう、現在ブログは書きかえられているようですが、以前は、退席理由の正当性を「共産主義ではなく議会制民主主義であったということです」と書いてありました。
共産主義?一体なんのことなのでしょう?それ、ここで引き合いに出しますか?
書き変えねばならないような誤解を生むような発信は始めから控えた方が良いです。
ですが、誰でも間違いはあります。伊集院議員も、以前のポリシーを貫き、訂正の場合は削除せず、断り書きで堂々と発言しつづけていただきたいです。

このような島本町議会を、川嶋議長がどうバランスをとっていくのか、その手腕は重要です。
その議長をどうサポートできるのか、議会事務局の力もないがしろにはできません。
偏った判断をすることなく、しっかりと知識と決断力を持って、信頼できる議会にしていただきたいです。
・・・ですが、そう簡単に住民が思っているような議会になるとも思えません。
引き続き、傍聴に行ける有権者の方は、傍聴で、議長始め議員の動向を見守っていきましょう。

最後に極個人的な感想を言わせてください。
○今回の一件で得した人
 山田町長 コミュニティネット(会派)
 理由: 特に何もしなかった故に何一つ傷をうけなかったから
○今回の一件で損した人
 村上議員 しなくてもいい暴言をし、退くに退けなくなった
 伊集院議員 ブログが注目を浴び、語彙力、文章力の弱さを衆人に晒すことになった
 河野議員、戸田議員、中田議員 場外乱闘に参加することになり、本来すべきことの時間を大幅に費やすことになった

つくづく、議員って大変だなぁと多少の同情を感じつつ、いいや、住民も大変です!と見守り続ける決意を新たに、考察を終わります。

コメント

1. 無題

今朝方、ポストに維新の会のチラシが投函されておりました。
タイトルにいきなり「山田町長の二枚舌を許さない!」と大書されています。

文面は冒頭から「先日、怪文書が町内に配布されています。」、、、。
もう日本語が崩壊しとる、、、。

文章内容もイマイチですし、誤字もありますし、なにより起承転結の「結」がむちゃくちゃ。
文面に「山田町長の真意を確認し予算案に賛成をいたしました。」とある。
町長の真意を確認したうえで「町長は二枚舌」とか言われるんであれば町長もたまったものではありませんな。
あ、そうか、維新さんは現町長とは元々反目でしたな、、、。

各会派、各議員のみなさ~ん、町民はいろいろ見てますよ~。

2. 無題

ところで、維新の会の塚田議員ってブログやTwitterもないみたいですし、チラシも配布してないみたいですが、どこでどんな発信してるんですかね。
何してるのかわからない議員さんってどうなんですかね。
それとも、島本町はジジババばっかりでブログやらやるだけムダと思ってるんですかね。

プロフィール

HN:
しまもと町民の会
性別:
非公開

ご意見ご感想をお聞かせください。